B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
運転免許試験場で
府中の運転免許試験場に出向いて、免許の再発行をしてもらう。

フランスで日本の免許を現地の免許証に書き換えた際、日本の免許証は没収されてしまった。「IDカードのない日本では免許証は身分証明書として機能するので、返してもらえないか」と懇願してみたが、規則だそうで、返してくれなかった。

これではビデオショップにも行けない! ということで、再発行を願い出た次第。

再発行手数料は3,200円。窓口に行ったら、「お財布ごと、盗まれちゃったんですう」と不安げな、10代とみられる女の子をはじめ、沢山の「免許証をなくした人」で賑わっていた。係官は、なんだかとっても不機嫌である。そりゃ、大事な物をなくすのはよくないが、手数料の3,200円(暴利だと思う)も入ることだし、もっとやさしくしてくれても罰は当たらないだろう。

盗まれたのでも、すられたのでもなく、私の場合は外国の役所に没収されたんです、と不可抗力をアピールしつつ、新しい免許を作ってもらった。
[PR]
by bonnjour | 2005-11-07 21:16 | 暮らす