B的日常
bonnjour.exblog.jp

ドイツ、デンマーク、フランス(一瞬)と、流浪の生活を約10年。昨年秋にポーランドに流れ着く。音楽、美術、風景、食べ物など、美しいものや変わったものを追いかけて味わうのが好き。
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ブログパーツ
プロフィール
美しいものや変わったもの、美味しいものを追いかけるのが好きです。日々の生活で接した、そうしたものへの感想を綴っていきます。過去の記事であってもコメントは大歓迎です。メールはこちらにどうぞ。
最新のトラックバック
Wheelock's L..
from えいじゅなすの本棚 − 英語..
ミケランジェリ/ショパン..
from クラシック音楽ぶった斬り
フィリップ・ジャルスキー..
from ご~けんのAudio & C..
NAXOS MUSIC ..
from Ceciliaの部屋
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
退職後のボケ防止
相棒が2年間の日本滞在中、受け入れ先になってくださり、その縁で今も共同研究をしているO先生がヨーロッパ出張の途中、オーフスに数日間立ち寄られる。一昨日、昨日と拙宅で素人料理の夕食をお出ししたら、今日は街の素敵なレストランでO先生にご馳走になってしまった。向かった先は、前々から気になっていた地ビール工場に併設の洒落た店。美味しいし、雰囲気も抜群で楽しいひと時を過ごす。でも物価高のデンマークのこと、たいした散財をさせてしまって恐縮のいたりだ。

レストランで出た話題の一つが、趣味を持つことの重要性について。研究者というのは趣味がそのまま仕事になったようなところがあり、相棒などその最たるものなのだが、O先生曰く「専門分野以外に趣味がなかったら、退職したときに一気にボケてしまうよ。だから君も今のうちから何か趣味を持ったほうがいい」。先生は将棋をやるそうだ。

それに対して相棒は、スポーツ、音楽、映画、アートなど、普通の人が趣味として楽しむ活動にほとんど興味を示さず、大好きな研究をしていれば幸せというタイプで、何にでも首をつっこみ、熱が冷めるのも早い私とは正反対だ。(ケチケチ)旅行、(安い席で楽しむ)オペラ、(入場したら一日中ねばる)美術館めぐりなど、世の中には楽しいこと(要は私の趣味なんだけど)がいっぱいあるよと誘惑してみるのだが、なかなか心を動かしてくれないのは寂しいものがある。

本当にボケたら、どうしよう。
[PR]
by bonnjour | 2008-07-11 05:50 | 暮らす